--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2011.10.03 (Mon)

陸上自衛隊 第39回木更津航空祭

先の大震災における「陸、海、空自衛隊」の、
体を張った誠心誠意の活動は記憶に新しい。

昨日はその震災で活躍した部隊が駐屯する、
陸上自衛隊木更津駐屯地で行われた
「第39回 木更津航空祭」に行ってきた。

ザックリ紹介すると、
木更津航空祭とは、
同駐屯地に駐屯する「第一ヘリコプター団」
の機体を中核として行われる空のイベント。

ちなみに「第一ヘリコプター団」は、
「中央即応集団」の一翼として、
真っ先に被災地支援に駆けつけた部隊の一つでもある。

件の第一原発の初期対応時での
「空中放水」を勇猛果敢に慣行したのも、
この部隊の「CH-47チヌーク」ヘリだ。


予てから広義での「乗り物」全般が好きで、
極微量の軍オタ細胞が混じっているのもあり、
陸、海、空自衛隊の駐屯地イベントに行ったりしていたが、
大震災直後は、正直向こう10年
「このようなイベントは開催されないのではないか」、
と思っていたので、感激もひとしおだ。

また、震災での救助活動の光景が頭を過ぎり、
「感謝と感動」で胸が熱くなった。

会場内の様子


会場内は、部隊所属の機体を始め、
海、空自や海保、消防庁や警察などの機体や、
高機動装甲車などの車両も地上展示されている。






痛ヘリ?
スペシャルマーキングの対戦車ヘリ AH-1



原発空中放水に使用した巨大バケツ


当時の写真も展示されていた。


地上展示を見て歩いている内、
式典会場での記念式典が始まり、
その後、メインイベントである
「展示飛行」と「訓練展示」が行われる。

「展示飛行」とは簡単に言うと、
各種ヘリの空のパレードのようなもの。

また「訓練展示」とは、
「第1空挺団」との連携しての
空挺降下やヘリボーン訓練の様子を、
実戦さながらにみる事ができる。

説明するより手っ取り早いので、youtebeにアップした自己撮影映像。
見づらくて申し訳ない…



携帯版



携帯版

式典と諸々の展示イベントが終わると、
CH-47や高機動車の体験搭乗が始まる。


CH-47の体験搭乗は、50人に1人という高倍率の為、
残念ながら漏れてしまったが、
同ヘリの地上滑走体験は先着順だった為、
何とか搭乗することが出来た。

地上滑走とはいえ、
70~80mくらいは上昇して場内を軽く回ってくれるので、
それなりの臨場感がある。

自衛隊機など滅多に乗れる事は無いので、
とても貴重な体験が出来た。

いざ搭乗!


機内の様子



機内から開場を見下ろす アクアラインと海ほたるも見えた


同じく見づらい搭乗映像


携帯版


とても書ききれずかなり端折ったが、概ねこんな感じ。

いろんな意味でとても貴重な1日だった。


東日本大震災の時ように、
有事には我々の為、
常に最前線で体を張って頑張ってくれる、
この部隊を始めとする陸、海、空自衛隊。

このイベントを通じ、
これからも応援していこうと心に誓った。


最後に、
改めて東日本大震災により被災された方々に、
心からお見舞い申し上げます。
被災地の皆様のご健康と一日も早い復興をお祈り申し上げます。




スポンサーサイト
17:56  |  おっさん日和  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://biyori999.blog130.fc2.com/tb.php/247-34f6a32a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。