FC2ブログ

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2012.05.21 (Mon)

ぶらり乗車しない旅 ~都電荒川線を歩く~ 前編

都電好きな自分は予てから「荒川線の沿線の街並みを、徒歩でのんびり見て歩いてみたいな」と、漠然と思っていた。

そんな折の先週末、いつもの様に子供と遊ぶつもりでいたら、スイミングやらピアノやらのお稽古で忙しいのだとフラれてしまい、丸一日ポッカリ何もすることが無くなてしまった(笑)

うん、どうやら天候も絶好の街歩き日和になりそうだし、きっとこれは天啓なのだと勝手に捉え(笑)願望を実行にうつす事とあいなった。

題して「ぶらり途中下車」ならぬ「ぶらり乗車しない旅」(笑)

今回の荒川線ぶらり乗車しない旅は「三ノ輪橋」電停(電車の停留所なの電停)を始点に、終点「早稲田」電停まで約12キロ強を、一日で一気に歩きぬくという計画。

本当は「王子駅前」電停あたりで分けて、2日くらいかけて歩いた方がいいのだろうけど…

ま、当面この日以外しばらくポッカリ空きの日が無さそうだたので、自分の脚力(笑)を信じてのの強行軍。

そんな訳で、早速「三ノ輪橋」電停を8時半過ぎに出発!

rps20120521_082550_957.jpg


先ずは、早朝でまだ人気も疎らな「ジョイフル三ノ輪」商店街を抜ける。

rps20120521_082635_360.jpg

この日は祭りだったのか、横の公園では神輿の準備中だった。

rps20120521_082723_178.jpg

開店前の商店街独特の雰囲気を味わいながら、町屋方面に歩を進める。

「荒川区役所前」電停の、路地裏と直結した出入り口を覗く。

rps20120521_082907_857.jpg

荒川自然公園をかすめながら「荒川二丁目」「荒川七丁目」を過ぎると、京成線や東京メトロの町屋駅と交差する「町屋駅前」に出る。

「町屋駅前」の手前で、妙に華やかに花が並んでいると思ったら、この日は「あらかわバラの市」が開催されていた。

rps20120521_083051_615.jpg

rps20120521_083115_084.jpg

荒川線に乗ると気づくのだが、荒川区区間約4キロの内、「町屋駅前」から「荒川車庫前」の区間は、専用軌道の両脇を道路が並走しており、その境界に無数のバラがあしらってある。

rps20120521_083257_520.jpg


荒川区のホームページによれば、

「花の時季(5月から6月中頃)には、荒川区内の都電沿線には区民の方々とともに育てた約140種、約13,200株のバラが色とりどりに咲き乱れます。」

のだそう。

この活動は、沿線住民中心の「荒川バラの会」が中心となっており、荒川線の存続を強く要望した沿線住民の気持ちを反映した活動なのだろう。そして、それだけ沿線住民が愛着を感じている路線という事なのかもしれない。

道中先が長いので、バラの市を後に更に歩を進める。

「東尾久三丁目」電停を過ぎ、右に少し入ると、大門湯という歴史深そうな銭湯があり、その手前には、もつやき「おとみ」があったりと、この界隈ならではの風情が垣間見える。

rps20120522_111917_183.jpg

rps20120521_083350_701.jpg

きっと「大門湯」の帰りに、「おとみ」でもつ焼きをつつきながら、一杯ひっかけたりするのだろう。


更に歩は進み、商店の庇で遊ぶ猫や、

rps20120521_083437_934.jpg

なかなかの鋭い角度をもった建築物などを眺めながら、

rps20120521_083410_472.jpg

「熊野前」で日暮里・舎人ライナーをくぐり、「宮の前」電停前の「尾久八幡神社」を詣でる。

rps20120522_113324.jpg

「小台」電停を過ぎれば、子供とよく遊びに来ているお馴染みの「荒川遊園地前」電停。

rps20120522_113847_191.jpg


いつもの様に子供同伴なら、ここで引っ掛かるところだが、今日は幸い単身なのでここはスルー(笑)

少し歩いて隣の電停「荒川車庫前」は、東京都交通局荒川電車営業所があり、文字通り荒川線のベースとなっていて、電車の入出庫や、乗務員の交代も、ここで行われる。

rps20120522_114459_544.jpg

さすがに少々疲れてきたので、敷地内に設置された「都電おもいで広場」で、電車の出庫などを眺めながら暫し休憩。

rps20120522_114519_486.jpg

rps20120522_114537_493.jpg

車庫では、結構頻繁に入出庫しており見ていて飽きないが、あまり休みすぎると足が重くなってしまうので、程なく再出発。更に「王子駅前」方面に向かう。

隣の「梶原」は、電停に直結した売店があり、

rps20120522_114559_968.jpg

それを脇目に「明治通り」を渡ると、「梶原銀座商店街」だ。ここ周辺はテレビドラマや映画などのロケ地になることが多く、頻繁に撮影が行われているらしい。

商店街入り口には、都電名物「都電もなか」で有名な「明美製菓」が店を構える。

rps20120522_114624_931.jpg

梶原銀座を後にさらに進むと「栄町」電停。ここら辺は、線路の側道や周辺道路がグッと細くなる。

rps20120522_164713.jpg

この界隈、栄町や掘船周辺は、〇〇荘や、コーポ〇〇といったアパートや下宿が沢山あるエリア。
不規則な道路地形と似たような街並みの景観ゆえ、路地裏に少し入り込むと、方向感覚が良くない人はチョッと大変。

rps20120522_115016_604.jpg

そういえば学生時分、この辺りで下宿してた友人がいて、単車で遊びに行っては帰り道に迷ってたなぁ…

なんて回想に浸りながら、「栄町」先の右カーブを抜けJRの線路と並走が始まれば、程なく都電荒川線交通の要衝「王子駅前」電停が見えてくる。


~前編 終わり。 後篇に続く~


スポンサーサイト
17:05  |  街探訪  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://biyori999.blog130.fc2.com/tb.php/361-55bda059

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【ぶらり乗車しない旅 ~都電荒川線を歩く~ 前編】

都電好きな自分は予てから「荒川線の沿線の街並みを、徒歩でのんびり見て歩いてみたいな」と、漠然と思っていた。そんな折の先週末、いつもの様に子供と遊ぶつもりでいたら、スイミングやらピアノやらのお稽古で忙しいのだとフラれてしまい、丸一日ポッカリ何もすることが...
2012/05/22(火) 21:52:35 | まとめwoネタ速neo

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。