--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2012.05.23 (Wed)

ぶらり乗車しない旅 ~都電荒川線を歩く~ 後編

前記事の「ぶらり乗車しない旅 ~都電荒川線を歩く~ 前編」からの続き。

「栄町」電停先の右カーブを抜け、JRの線路と並走が始まれば、程なく都電荒川線交通の要衝であり、今回の都電荒川線歩きの中間点「王子駅前」電停が見えてくる。

王子駅の時点で11時、三ノ輪橋から2時間強の歩行。

rps20120523_113626_593.jpg

「王子駅前」から、隣の「飛鳥山公園」電停までは、最も路面電車の面目躍如たる区間であり、荒川線の醍醐味である、車道との併走区間だ。

rps20120523_113723_502.jpg

rps20120523_113802_517.jpg

路面電車としての荒川線の車道併走区間は短いが、都内でこの光景が見られるのは、奇跡に近い貴重な光景ではないかと個人的に思っている。

「飛鳥山公園」電停からは車道と離れ、「鬼子母神」電停まで荒川線専用軌道区間になり、ガラリと雰囲気が変わる。

rps20120523_113938_928.jpg

電停の占用空間もグッと狭くなるが、これはこれで味わい深い。

rps20120523_114015_870.jpg

初夏独特の空気を満喫しながら、線路脇の木陰を「滝野川一丁目」から「西河原四丁目」を越え「新庚申塚」電停に向かって歩く。

rps20120523_114037_670.jpg

このあたりから、軌道に沿っての歩行が困難なところがあり、数度迂回を余儀なくされるが、迂回先の道でも、趣きある風景に出会えて楽しい。

わき道で見つけた昭和レトロな商店
rps20120523_134358_342.jpg

古い窓枠に貼ってあったホッピーのポスターに、思わずゴクリ(笑)

rps20120523_132820_661.jpg

「新庚申塚」電停の手前で、荒川線最大の大河、国道17号を横断する。

rps20120523_134420_835.jpg

「新庚申塚」を過ぎ「庚申塚」電停まで来れば、おばあちゃんの原宿として名だたる「巣鴨地蔵通り商店街」の入り口だ。
ここも何度か来ているので、今回は割愛。

rps20120523_132848.jpg

巣鴨地蔵通りを後にし、銭湯の煙突と並ぶサンシャイン60を遠目に見ながら「巣鴨新田」電停を越える。

rps20120523_133039_244.jpg

程なくJR山手線と交差する「大塚駅前」電停に到達。

rps20120523_153119.jpg



JR大塚駅前南口ロータリーをグルリと左折し、坂道を駆け上がる。

rps20120523_133147.jpg

「向原」を越え「東池袋四丁目」電停を過ぎたあたりで、結構疲れてきたので、線路脇の小さな公園の木陰でちょっと腰を下すが、ここで休みすぎると、気力が萎えそうだったので、水分補給のみで再出発!

rps20120523_154558_343.jpg

ひと辻曲がれば、そこはもう雑司ヶ谷霊園だった。
どうりで休憩中ヒンヤリしていた訳だ(笑)

rps20120523_133227_673.jpg

霊園脇の道路では、八百屋が行商していた。今では珍しい風景だろう。

rps20120523_134314.jpg

そんな懐かしい風景を見ながら「都電雑司ヶ谷」電停を後にすれば、すぐに「鬼子母神前」電停。
ここは初めての訪問、折角なので寄りこんでみる事に。

木に覆われて涼い参道を進む。

rps20120523_133404_672.jpg

左に曲がるとすぐ境内、奥には鬼子母神堂。

rps20120523_133433_242.jpg

手前にある有名な駄菓子屋で、子供の土産を購入(笑)

rps20120523_133502_075.jpg

鬼子母神を後にし、「学習院下」電停に向かう。
付近の木陰から荒川線を見下ろす。

rps20120523_133538_434.jpg

少し歩くと大きく左カーブする場所があり、荒川線では有名な撮影ポイント。ドラマなどでも、よく見る構図。

rps20120523_133600.jpg

左カーブを曲げれば、ゴールも目前の「面影橋」電停。

面影橋に由来

rps20120523_133659.jpg

ここから隅田川まで、17.5キロだそうだ。

rps20120523_133738_949.jpg

そしていよいよ感動のゴール「早稲田」電停到着!!

rps20120523_133802_867.jpg


約12.6� 約4時間40分 23,090歩の「ぶらり乗車しない旅 ~都電荒川線を歩く~」

いや~、やはり終わってみると、結構疲れました(笑)

でも、「早稲田」電停に到着した時には、何とも言えない達成感があり、何より道中が楽しくて、歩いている最中はあまり疲れを感じなかったぶらり歩き。


歩くスピードというのは、街の空気の変わり目や細かなディテールの変化など、車や電車などでは見えないものが堪能できる。

今回も歩を進める都度、街の香りや空気、沿線住民のの生活感など、それぞれの街のディテールの違いや変化が味わえた街歩き。

今度はどこを歩こうか。



ぶらり乗車しない旅 ~都電荒川線を歩く~


おわり


スポンサーサイト
17:05  |  街探訪  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■下町情緒がいいですね^^

おはようございます。
バラの市に行きたかったのですが、今年は行けませんでした。
都電沿線は何となく下町情緒が残っていて、いいロケーションですね。
一度、王子から三ノ輪方面に行ってみたいです。
薄荷脳70 |  2012.05.24(木) 06:34 |  URL |  【コメント編集】

■Re: 下町情緒がいいですね^^

薄荷脳70様

ご来訪とコメントありがとうございます。
あの辺の雰囲気、いいですよね。特に
王子周辺は、若かりし頃縁があった土地でもあるので、
特に思い入れがぁ路のかも知れません。

バラの市、あまりゆっくりできませんでしたが綺麗でした!
ニューくらりん |  2012.05.24(木) 15:31 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://biyori999.blog130.fc2.com/tb.php/362-73ec8b43

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【ぶらり乗車しない旅 ~都電荒川線を歩く~ 後編】

前記事の「ぶらり乗車しない旅 ~都電荒川線を歩く~ 前編」からの続き。「栄町」電停先の右カーブを抜け、JRの線路と並走が始まれば、程なく都電荒川線交通の要衝であり、今回の都電荒川線歩きの中間点「王子駅前」電停が見えてくる。王子駅の時点で11時、三ノ輪橋?...
2012/05/23(水) 17:58:39 | まとめwoネタ速neo

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。