--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2012.08.23 (Thu)

想い出海岸

先日、職場の夏季休暇を利用し、
茨城のひたちなかや大洗の方に家族旅行に行った。

夏のひたちなかや大洗と言えば、
阿字ヶ浦海水浴場大洗サンビーチなどの海水浴場が有名だ。

本当ならば、阿字ヶ浦で子供達と海水浴を楽しみたかったのだが、
あいにく下のムスメの体調が芳しくなく断念。


実はこの阿字ヶ浦海岸は、若かりし頃(二十歳前後)、
当時の遊び仲間や、お付き合いしていた女性などと夏場によく遊びに行った想い出の地。

懐かしい昔の想い出を辿りたくて、
家族にこっそり(笑)早起きし、早朝の阿字ヶ浦を散策した。

早朝でまだ人気の少ない阿字ヶ浦海岸
rps20120823_111004_735.jpg

砂浜を歩いて気付いたのは、
何だか砂浜の奥行がとても狭くなっていた事。

rps20120823_111137_790.jpg

そして、当時と比べて波が格段に穏やかになっていた事だ。

rps20120823_105355_737.jpg

確か、当時は波乗りが出来るくらい波が高かったような…

宿泊した地元宿の人に尋ねたところ、
隣接地に建設された「常陸那珂港」の影響で、潮が変わってしまい、
砂浜がかなり浸食されてしまったらしい。

現在は、沖に作られた堤防の効果で、浸食は治まっているいるとのこと。

波が穏やかになったのは、その堤防の効果ではあるが、
そのせいで、サーファーの利用者が激減してしまい、
嘗ては大洗ビーチをしのぐ賑わいだったのが、すっかり寂しくなってしまったそうだ。

「まぁその堤防のおかげで、東日本大震災の時に津波の被害をほとんど受けずに済んだので、
あまり恨みごとも言えなくなっけどねぇ」

と複雑な表情で語っていたのが印象的だった。

そういわてみれば、当時は海水浴場の端から端までびっしり隙間なく建っていた海の家が、
4、5軒建っているのみで、閑散とした雰囲気。

海側
rps20120823_105435_706.jpg

裏側
rps20120823_105516_289.jpg

早朝だったので海水浴客が殆ど居なかったが、
気になって昼間も行ってみたが、シーズン終盤とはいえ、
やはり寂しい客足のようだった。

寂しげな海岸通り
rps20120823_105600_782.jpg

rps20120823_105632_977.jpg

かつては「東洋のナポリ」と謳われた阿字ヶ浦海水浴場。

遠望は昔とあまり変化はないように見えるが、
時代と共に環境は劇的に変わってしまった。

rps20120823_105705_673.jpg


想い出は想い出のままにしておいた方が、
美しく残るのものなのかもしれない…


最後に、
松任谷由美の歌「カンナ8号線」の歌詞の一節を引用して、この記事を閉じたい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


チェックのシャツが風に膨らむうしろ姿を

波をバックに焼きつけたかったまぶたの奥に

それははかない日光写真 せつないかげろう

胸のアルバム閉じる日が来るの こわかったずっと

雲の影があなたを横切り…


想い出にひかれて

ああここまで来たけれども

あのころの二人はもうどこにもいない


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



時の移ろいは儚くあっけない…



想い出海岸  おわり
スポンサーサイト
11:45  |  忘れ得ぬ風景  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■寂しいけれど温かいですね^^

おはようございます。
思い出が壊されたようで寂しくなる光景を私も見ますが、逆に強く思い出が甦って、温かい気持ちになります。
ニューくらりんさんの想い出、何か逆に癒される気持ちになりました^^
薄荷脳70 |  2012.08.24(金) 05:31 |  URL |  【コメント編集】

■Re: 寂しいけれど温かいですね^^

薄荷脳70様
いつもコメントありがとうございます。

おしゃっるとおり、
思い出の地の風景や景観は変わっても心の中の記憶は変わらないですよね。

確かに、変化した風景を見て、
想い出の細かなディテールが蘇りました。


ニューくらりん |  2012.08.24(金) 08:18 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://biyori999.blog130.fc2.com/tb.php/376-f38281d7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。