--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2012.09.30 (Sun)

月光

古くは「古事記」「竹取物語」、
近年では「月光仮面」や「忍者部隊月光」「セーラームーン」などなど、
いにしえの時から現代まで「月」を題材に扱った作品は数多あり、
物語、小説、漫画の類だけでなく、
ベートーベンのピアノソナタや、シューベルトの歌曲、
グレンミラーのスタンダードナンバーや
エレファントカシマシのヒット曲などの音楽シーンは勿論、
帝国海軍の夜間戦闘機から、
体操競技の技やアイスクリーム、ハンバーガーまで、
月の名を冠したモノは数え上げたら限がない。

p1m.jpg


月齢が、自殺や出産、犯罪や事故、はたまた狼男にまで、
影響しているという説まであるくらいなのだから、
それだけ人間に密接な影響力を持っていたのだろう。

それゆえの愛着と憧れの深さが、
科学の英知結集され、アポロ11号の月面着陸から、
地球防衛軍の月面基地進出に繋がったのかも知れない。

我々の日本でも「月」への関わりは古く、
古代は縄文時代から始まり、
十五夜に代表される観月の風習は、
日本独特の月信仰の名残りだとも言われる。
昨今ではセーラー服を着たお嬢さん方が、
月に代わってお仕置きを任される程関係は深い。

これは余談だが、
「月明かりに照れされた女性」はどういう訳だか妖艶に映る。

その月明かりのなす技のお陰で、
幾度となくこっぴどい目に遭わされている。

これが月が齎すの神秘性のなせる技であるとすれば、
自分を含めた世の男性からすると、
月光とは罪つくりな存在ではある。


ま、それはさて置き、今日は中秋の名月。

残念ながら、今宵の関東地方は荒れ模様で観月日和になりそうにない。

名月を拝むことは出来なさそうだが、
こんな曲でも聴きながら、心静かにに
暫時癒す事も必要なのかもしれない。





今宵の月光に乾杯。


スポンサーサイト
13:06  |  おっさん日和  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://biyori999.blog130.fc2.com/tb.php/381-53f08de4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。