--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2012.12.18 (Tue)

昭和の香り残るDEEPスポット 桶川駅東口周辺

娘の通うバレエスクールが、桶川駅の東口側にあり、
土曜や日曜のカミサンが仕事の時などは、
大抵ここの送迎に駆り出される。

しかし悲しい哉、件のバレエ道場は男子禁制という厳しい戒律があって、
父親といえども入室は叶わないという禁断の園となっており、
レッスンを受ける1時間~1時間半の間、
男子送迎の面々は屋外で身を持て余すという、
冬場などはチョッとした放置プレイを味わう事となる(笑)

ま、それはさて置き、
先日の放置プレイは比較低暖かだったので、
暇つぶしに、え桶川駅東口の駅前通り周辺を探訪した。

時折、駅周辺の飲み屋には出向くので、
表通りの様子は若干知ってはいたが、
少し裏に入ると、想像以上にDEEP(いろんな意味で)なスポットと化していて驚愕した。

歴史的建物も多い駅前通り
rps20121217_111032_984.jpg

rps20121217_111050_690.jpg


rps20121217_111118.jpg


rps20121217_111217_734.jpg


rps20121217_111138.jpg


う~ん、結構シャッター街化してる…

ちょっと南に向いて裏に入ると…

rps20121217_110308_217.jpg

rps20121217_110327_413.jpg

rps20121217_110347_261.jpg


往時は賑やかだったであろう、
かなり深い昭和な飲み屋街。

建物の経年劣化が進んでいる。

寂しい…

東に進むと、立派な門構えの浄念寺があり、

rps20121217_110213_309.jpg

その隣には、桶川唯一且つ最後の銭湯「梅の湯」がある。

rps20121217_110115.jpg

rps20121217_110137_813.jpg

この「梅の湯」は、大正の創業で、
建物も当時からのものだそうで、ある意味意義深い。

ここを眺めている途中、
小学生の頃、当時のクソガ○共に
「じじいの店」と呼ばれていた地元のおもちゃ屋「おじいさんの店」
の模型専門の支店があったのが確かここの隣あたり。

よくプラモを買いに通ったのを思い出した。


駅前通り北側エリアに進む。

rps20121217_110955_420.jpg

rps20121217_110412_318.jpg


rps20121217_110934_546.jpg


rps20121217_111318_585.jpg


う~む、贔屓目に見れば、小江戸川越や、
東京の下町に見えない事も無いか…

…見えないな(笑)


縷々問題があって開発の遅れが指摘されている我が地元桶川東口。

いいかげんな開発だけは勘弁してほしいものだ。




スポンサーサイト
11:30  |  街探訪  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://biyori999.blog130.fc2.com/tb.php/389-5f1c689a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。