--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2013.01.22 (Tue)

ラーショのタンメン

ラーメンは結構好きだが、
並んでまで食べようとは思わない派な自分。

仕事で外回りの時など、大行列必至の人気店を避け、
そこそこに旨い程度の中華屋やラーメン屋で食べることが多い。

そんなそこそこなラーメン(ごめんね)が結構あるのが、
郊外の幹線道路沿いなどによく見かける「ラーメンショップ」チェーン。

昨今では、名うての中華屋や新進気鋭のラーメン店、
はたまた「日○屋」や「幸○苑」などの格安チェーンの台頭により、
そこはかとなく影が薄くなった感が否めないが、
ラーメンチェーンのフランチャイズとしての歴史は長く、
「ラーショ」の愛称と共に、
今でも我々外回りの多いリーマンや、
トラックやタクシーの運転手などに愛し続けられている
古くからの良きパートナーである。

何よりフランチャイズと言いながら、
どんぶりと豚骨系のスープが共通している以外は、
味付けやスープの濃さなどメニューの店舗間での統一はなく、
店々の個性があるってのがイイ。

まぁ、逆を言えば味のバラツキがあるって事で、
旨い不味いのバラツキもある(笑)
でもそこがイイのだこれでイイのだ。
自分で贔屓の店を見つけ出すという楽しさがある。

例によって前置きが長くなったが、
「ラーショニスト」と呼ばれる根強い愛好家まで存在する「ラーメンショップ」
中でも坂戸市は国道407号沿いの「ラーメンショップ片柳店」は、
県内に幾つかある自分のお気に入りのラーショの一つ。

ラーメンショップ片柳店
rps20130122_124844_374.jpg

なにがイイって、
この店舗はラーショでは希少品種である「タンメン」が存在するのだ。

お馴染みラーショのレギュラーメニューに並んでタンメンの文字が!(左端)
rps20130122_124927_525.jpg

ラーショでは希少なタンメン
rps20130122_132317.jpg

一般的な塩味ベースのタンメンと違い、
ラーショ系特有の豚骨醤油系のスープに、
炒めた野菜や豚肉のうま味が加わり、
一般的なラーショのラーメンより比較的スッキリ味わいで、
チョッと他のラーショには無い味わいで気に入っている。

ラーショ系共通の洗面器型どんぶりに野菜も豚肉もタップリなのがありがたい
rps20130122_125025_931.jpg

ラーメンを注文するとゆでたまごや漬物がサービスで供されるのも嬉しい
rps20130122_125204_529.jpg

ベースのスープが違うのもあるが、
「日○屋」などのタンメンとは一線を画しており、
並ばずとも気軽に食べられる、
そこそこ旨いラーメン(ごめんよ)として、
気に入っている一品!(あくまで個人の感想です)


スポンサーサイト
14:03  |  今日の昼飯  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://biyori999.blog130.fc2.com/tb.php/392-b945dee1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。